男性ニキビ対策、体と頭の洗い方!

背中ニキビは、頭や体の洗い方に問題が!

男からだニキビの原因は、刺激と雑菌の繁殖!

男性の頭や胸や背中にできる”ぶつぶつ”、ニキビは、下着の繊維の刺激や、雑菌の繁殖が原因のひとつと考えられてます。

頭皮や胸、背中の皮膚は敏感なので、刺激を与えると傷がつきやすく、雑菌の侵入を許してしまいます。

男からだニキビの原因は、刺激と雑菌の繁殖!
男からだニキビの原因は、刺激と雑菌の繁殖!

ナイロンタオルやスポンジにボディソープを付けて、ゴシゴシ洗う方法では頭皮や皮膚の表面を傷つけるだけでなく、必要な皮脂も一緒に洗い流してしまいます。

肌荒れを悪化させる要因の大きな原因でもあり、体の洗い方には注意が必要です。

ニキビ予防の、体の洗い方

しかし、適切な洗い方をマスターすれば、男の体ニキビを予防し改善できます。

ニキビ予防の体の洗い方
ニキビ予防の体の洗い方

ボディソープをよく泡立てる!

体を洗う時には、ムダな刺激を避けるため、ボディソープをしっかり泡立て優しく洗い上げていくこれが効果的な洗い方です。

石鹸でも良いですが、とにかくよく泡立てて、フワフワにすることが大事です。

まずは、ボディソープを適量、手にとって、よく泡立てていきます。

十分に泡立ったらタオルやスポンジに付けて、肌に載せるように優しく洗います。

胸、背中の順に洗っていくとよいでしょう。

ニキビを避けて、一日一回洗う!

洗い方のポイントとして、ニキビや吹き出物、ぶつぶつが出ているところは、避けたほうが無難です。特に痛みなど、刺激があるところは必ず避けましょう。

円を描くように洗っていくことで毛穴に詰まった角栓を洗い流しやすく

することができます。

男性だって皮膚は敏感ですから、何度も洗うとかえって悪化させることもあるため、

1日に洗う回数は1度程度にします。

ボディタオルはどんな素材が良いの?

ボディタオルはどんな素材が良いの?

体を洗う時のボディタオルは、できるだけ柔らかい素材のものを用意してください。

化学繊維系で、皮膚角質をゴシゴシおとせるタオルはやめてください。

皮膚にとって大敵なのは強い刺激

硬いナイロンタオルは、汚れをしっかり落とせそうなイメージが有りますが、皮膚にダメージを与えてしまうので、おすすめできません。

ボディタオルを使わない選択肢も!

胸、背中のブツブツや肌荒れがひどい場合は、手で胸や背中を洗うのが適切です。

しっかり泡立ててから手で洗います。

爪をたてたり、かきむしるように洗ってはいけません。

繊維の刺激や雑菌の繁殖を抑制するために、日ごろの体の洗い方から改善に取り組みましょう。

男性の頭皮ニキビを悪化させないポイント

男性の頭皮は多くの皮脂を分泌するため、頭部はニキビができやすい場所です。

頭皮ニキビ予防には、洗い方をマスターすることが大切です。

洗い方を間違えると皮脂が毛穴に残ったままになり、酸化して角栓へと変化してしまう危険があります。

男性の頭皮ニキビを悪化させない、4つの洗い方
男性の頭皮ニキビを悪化させない、4つの洗い方

残念ながら、頭皮を正しく洗えている人はそれほど多くなく、シャンプーを手にとって洗えば大丈夫、と思っている男性が多くいるのも事実です。

洗う方法をしっかりと覚えて、適切なニキビケアを行ないましょう。

頭皮マッサージをする

洗い方の初めですが、頭皮を濡らす前に、頭全体を指の腹を使ってマッサージしていきます。

できれば、両手で優しく両手が交互に交わるような仕方で、頭をマッサージしてください。

こうすることで毛穴が広がり皮脂が出やすくなります。

これを1~2分と長めの時間をかけてしっかり行ないましょう。

髪の毛と頭皮を濡らす

マッサージが完了したら、洗う前に十分お湯を頭に流して髪の毛と頭皮を濡らしていきます。

こうすることで、皮脂を落としやすくする環境を事前に整えることができます。

上手なシャンプーの使い方

次にシャンプーを手に取り十分泡立てます。

皮脂を落とすためには、しっかりと泡立てることがコツです。

洗い方

しっかり泡立ったら、頭全体をなでるように洗っていきます。

指の腹を使って優しくマッサージしながら洗っていきます。

こうすることで男性のニキビの原因となる皮脂を、しっかり洗うことができます。

洗い流しはしっかりと行ないましょう。

洗い流しが十分でないとシャンプーの成分が頭皮に残りニキビの原因を作ってしまう

ことになるからです。

頭皮は1日に何回洗えば良い?

洗う回数は1回が効果的ですが、オイリーな人の場合は2回洗いをします。

最初は髪を洗い2回目に頭を洗う洗い方が効果的です。

刺激を感じる育毛剤や整髪料の使用はやめましょう。

頭皮の患部の状態をよくみてから使用を考えてください。

タイトルとURLをコピーしました