小中高男子のニキビ、よくある原因と対策

小学生のニキビ、 まずは手洗い!

小学生の男子といえば遊びたい盛りの年頃。

おおいに遊んでもらいましょう!

学校帰りの道草や、サッカー、かくれんぼ、地域の行事など元気に友達と遊んで、帰宅した後の男の子の手はバイ菌で一杯。

ニキビができているときは、決して手で頬やおでこ、顔を触ったり、つぶすような事をしてはニキビ跡が残るので、ダメと教えてあげてください。

小学校男子の手はバイ菌で一杯
小学校男子の手はバイ菌で一杯

手は体の中で最も菌が多い

雑菌だらけの手で顔に触れたとき、手に付着している菌が顔に感染ります。

汚れや細菌をニキビに付着させる事になり、清潔に保てなくなってしまいます。いろいろな菌が存在していて、触りがちな目頭や顎などにも”できもの”ができやすくなります。

すでにあるニキビには、常在菌が増殖し、炎症を悪化させてしまい色素沈着で赤くなったり、でこぼことしたクレーター状のニキビ跡が残る原因になります。

小学生でもできる!ニキビ予防の手洗い

手についている汚れや雑菌を、顔につけてしまう前に、まずはきちんと手を洗いましょう。

洗いやすい手の平ばかりではなく、細かいところまで丁寧に洗うことも必要です。

爪、爪下のすきまなどは、バイ菌の格好の隠れ場所なので念入に。

手洗いする時は最低でも、20秒間の手洗いを心がけてください。

正しい手の洗い方

  1. 流水で両手をよく濡らす
  2. 十分な量の石鹸やハンドソープをつける
  3. 両手のひらで、石鹸をよく泡立てる
  4. 手の甲をもう片方の手の平でこする(両手に行う)
  5. 指を組むようにして、両手の指の間をこする
  6. 親指をもう片方の手で包み込むようにしてこする(両手に行う)
  7. 片方の手の平に指先をこするようにして爪まわりをよく洗う(両手に行う)

爪の汚れに「爪ブラシ」

爪の汚れに「爪ブラシ」
爪の汚れに「爪ブラシ」

爪の中の汚れが落ちにくいときには、爪ブラシを使うと良いです。

最後は流水で良くすすいで、清潔なタオルでしっかりふき取ってください。

また、使用後の爪ブラシは石けんでよく洗って専用ハンガーなどを使い、保管します。

中学生男子のニキビ原因は、汗の放置?

肌荒れやニキビの気になる年頃です。 中学生から部活を始める人も多いと思います。

中学生男子ニキビには汗の管理を
中学生男子ニキビには汗の管理を

発汗が原因の場合が多い

思春期ニキビに悩む年頃ですが、運動部に所属している人は比較的多いのではないでしょうか?

そうでなくても、体内の活動が活発で代謝が盛んになる時期ですね。

運動をして汗をかくことは、新陳代謝が良くなり、体内の老廃物が汗と一緒に出ていくので肌に良い影響があります。

しかし、問題となるのはその後。

しっかり洗顔やニキビケアをしないで

ほぉっておくと、雑菌繁殖、毛穴詰まりを起こす

ことがあります。

これが男ニキビの原因にもなるのです。

”ニキビをつくりたくない”、”悪化させたくない男子”は汗をかいた後、肌荒れ防止の為、汗を洗い流しましょう。

ニキビ予防、肌づくりの洗顔方法

手を洗う

まず、洗顔をする前に必ず手を洗いましょう。

部活の後の手は汚れているので、顔に触る前に手の雑菌を除去しておくことが大切です。

泡立て

洗顔料を手に取り、モコモコになるまでを泡立てましょう。

洗顔料の泡がきめ細かいほど、肌の毛穴の隅々まできれいに洗うことができます。

泡立てることで肌への刺激を防ぐこともできます。

上手く泡立てられないという人は、泡立てネットを使ってみてください。

洗顔

円を描くように力を入れずやさしく洗います。

お肌の中心から外側に向けて、おでこ・目の周り・両頬・口周りの順番で指の腹でクルクルと円をかきながらそっと洗います。

この時、泡でマッサージするような感覚で行うのがポイントです。

すすぎ

泡を洗い流す時は、顔全体にじゃぶじゃぶと水をかけて下さい。

回数は30回くらいが理想的です。

この時、顔は決して擦らないように洗ってくださいね。

ゴシゴシと洗うとニキビの悪化、肌荒れの原因になるので、気をつけて下さい。

仕上げ

おでこの髪の生え際や顎の下などは、洗顔料が残りやすいので、洗い残しがないようにしっかりと洗い流して下さい。

洗顔後は清潔なタオルで肌を擦らず、押すように優しく拭き上げましょう。

顔を洗えない場合の対処法としては、ノンアルコールタイプのウェットティッシュが効果的です。

水分を肌に補ないながら汗を拭え、肌荒れ防止になるからです。

強くこすると刺激になり、ニキビを悪化させる場合があるので、軽く押さえるように使うようにします。

高校生のニキビは、ストレス!

ストレス要因は人によって違うものですが、高校生の年頃は受験であったり、中にはアルバイトを始める人も多く、今までとは違うストレスを大人以上に抱えることがあります。

高校生の男ニキビには症状がひどい人もいて、治癒と肌荒れを繰り返す人が多い年代です。

 高校生のニキビ原因は、ストレスが多い
高校生のニキビ原因は、ストレスが多い

ストレス→ホルモンバランス乱れ

ストレスを解消できずにいるとホルモンバランスが乱れ特徴として、顎、鼻周辺にニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れは、対人関係のストレス、環境の変化、睡眠不足、体の疲れなどが大きく影響するため、顎や鼻周辺のニキビは今年から社会人!という時期の人に発生しやすい傾向があります。

そう言った要因に加え、男子の場合は男性ホルモンが優位です。

ストレスで、ただでさえ優位となっている男性ホルモンが、過剰分泌してしまうと、ニキビの発生や悪化させる大きな原因にもなり、角質の柔軟性を失わせて肌のバリア機能を徐々に低下させてしまいます。

また、皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビができやすい肌質をつくりだしてしまうのです。

ストレスと上手に付き合っていく

ポイントは一日のストレスを溜め込んで、次の日に持ち越さないことです。

  • よく眠る
  • 軽めの運動をする(ストレッチなど)
  • 好きな音楽を聴く

こういった、ちょっとしたことをするだけで「毎日リセット」することができます。

自分のスタイルに合った簡単にできそうなものからトライしてみてください。

ストレスを解消する栄養成分

プラセンタは、直接精神的なストレスを解消するわけではありませんが、ストレスから過剰発生する活性酸素の除去をすることができます。

ストレスからできるニキビの対処にはとても効果的です。

プラセンタは、医療でも使用されているほど効果的で安全な成分。

ニキビやニキビ跡の改善にも、かなり効果が期待できるそうです。

プラセンタの主な効果

  • ホルモンバランスの調節
  • 活性酸素の除去
  • 酸化防止
  • 抵抗力を高めて雑菌などに打ち勝つ免疫力向上
  • 抗炎症の作用

プラセンタは、塗っても飲んでも効果を期待できる、と言われていて細胞を活性化させ、新しい細胞の生成を促す作用があります。

そういった作用から肌のターンオーバー機能が正常化するので、古い角質が剥がれやすくなります。

古い角質がはがれると毛穴のつまりを防ぐことができるので、ニキビ予防からニキビ跡解消に役立つということです。

タイトルとURLをコピーしました