クレーター、赤み、茶色いシミ、男性ニキビ跡の原因

男性ニキビをはじめ、ニキビ跡の原因となるのがストレスや生活習慣の乱れです。

普通は、一旦できた男性ニキビ、ニキビ跡は、時間とともに治癒へ向かいます。

クレーターになった男性ニキビ跡

しかし、患部の炎症が強かったり、自分でニキビをつぶしてしまったりすると、皮膚に無理なストレスがかかり、クレーター(凹凸)状のニキビ跡を残してしまうことがあります。

ニキビが治癒を始めると、炎症を起こした部分が徐々に元の状態へと戻り始め、毛穴の部分の皮膚組織も修復されることで、跡が残らずに回復します。

男性クレーターニキビ跡を招く要因

男性クレーターニキビ跡を招く要因

ニキビをつぶす

自分でニキビをつぶしてしまうと、修復を始めた皮膚組織を破壊してしまうため、元に戻そうとする細胞の力が弱まってしまいます。

毛穴から出血が始まり、やがては”かさぶた”になりますが、かさぶたを手で触ったりして剥いてしまうと、治りがさらに遅れます。

こうなると、毛穴の部分が広がってしまい、皮膚自体が陥没してしまいます。

この状態が、クレーターニキビ跡です。

見た目もクレーター状態の凹凸になってしまうのです。

不規則な生活習慣

クレーターニキビ跡の状況を招く要因は他にもあります。

それは、不規則な生活習慣です。

男性ニキビができているときに、過労や徹夜などの不規則な生活習慣が重なると、体の内部にストレスがたまり、体の代謝を遅らせるばかりか、免疫力が低下するため、治りも遅くなります。

こうした状況をそのままにしておくと、皮膚の代謝が遅れ、ニキビ跡がクレーター(凹凸)状になってしまうこともあります。

クレーターや凸凹のニキビ跡は、度合いにもよりますが、解消するためには長期間かかるため「できないようにする」ことが肝心です。

しかし、クレーターや凸凹のニキビ跡ができてしまった場合、ピーリングケアや毎日の洗顔で、少しずつ肌の表面を滑らかにしていきましょう。

クレーターニキビには、ピーリングが有効

ピーリングは、皮膚科やクリニックで施術しているところもあり、安全性や即効性を求める人にはオススメです。

自宅の洗顔でも肌の代謝は促進させることはできるので、費用をかけたくない人や、じっくり治療に専念できるのであれば、洗顔や保湿、生活習慣の改善を重視しましょう。

赤みが残ったニキビ跡は短期間で治せる?

ニキビが嫌がられる原因として、治癒後もニキビ跡が残ってしまうことが挙げられます。

そのため、できれば、ニキビが出ないようにしたいと多くの男性が考えます。

ニキビ跡が残ってしまうニキビには、いくつかの種類がありますが、代表的なものとして赤みが残ったニキビ跡があります。

いくつもの箇所にこの跡が残ると、皮膚表面に赤色の痕跡が複数残ってしまうため、見た目の印象がどうしても悪くなってしまいます。

男性の場合、頬や顎などに、この種のニキビ跡ができてしまうことが多くあります。

男性、女性に共通して赤みが残ったニキビ跡の原因は、肌の内部で起こる炎症です。

赤いニキビ跡の原因

赤いニキビ跡の原因

皮膚のすぐ近くには毛細血管が届いています。

肌がピンク色に見えることがあるのも、毛細血管を流れる血液が関係しています。

ニキビになると、角栓で閉ざされた毛穴の中に、皮脂がたまっていき、そこに雑菌が発生します。

この雑菌と戦うために、毛細血管がニキビの部分に集中していきます。

赤いニキビができるのはこのためです。

2~3年の長期戦になる赤いニキビ跡の治療

赤いニキビは炎症を伴うため、赤色がさらに増していきます。

しかも、毛細血管内の血液が、うっ血を起こすことから、滞留した部分が赤くなってしまうのです。

やがて、角栓が排出され、毛穴にたまった皮脂が外へ排出されると、ニキビに伴う炎症は収まっていきます。

しかし、この時にうっ血した血液が皮膚表面近くに滞留し、赤いニキビ跡ができてしまうのです。

うっ血が徐々に解消されることで、赤いニキビ跡は、長くても2~3年で消えていきますが、できるだけ短期間で解消したいものです。

その場合、毎日の「洗顔」や「保湿ケア」を行います。

これで、肌の生まれ変わりを促進させることができるので、比較的短期間で良くなってくることが
実感できるでしょう。

茶色いシミみたいな男性ニキビ跡

男性のニキビ跡には、治癒後に茶色く、シミのように色素沈着を起こしてしまうケースがあります。

複数のニキビ跡が残ると、シミがいくつもできたかのように見えてしまうため、男性にとって気になってしまう、肌トラブルの1つとなっています。

原因は、体の内部から分泌される色素成分の「メラニン」です。

メラニンってなに?

メラニンは、髪の毛を黒くしたり、ホクロなどの形成に関わったりする色素です。

日光を浴びたときにできるシミも、このメラニンが原因です。

メラニンはもともと、皮膚を保護する役割を持っています。

つまり、かさぶたのように皮膚の表面に現れて、患部を保護し、治癒を助けます。

男性の場合、ニキビが肌表面に現れると内部の細菌を消滅させるために、免疫機能が働きます。

それと同時に、損傷を受けた皮膚を修復するため、新たな皮膚細胞が組織されていきます。

新たな皮膚細胞がつくられるまでの間、肌を保護するのがメラニンなのです。

茶色いシミニキビの正体は色素沈着

茶色いシミニキビの正体は色素沈着

ニキビが治癒し、その後正常に新たな皮膚細胞がつくられると、皮膚が新しく生まれ変わる過程でニキビ跡のメラニンも外側に排出され、やがては消えていきます。

しかし、代謝がうまくいかなくなると、メラニンが皮膚に残留し、ニキビ跡として色素沈着を起こしてしまいます。

ですから、肌の色素沈着が茶色いシミの正体です。

ニキビ跡が残ってしまうと、それを解消するのは難しく、適切な処置を施さなければ、そのまま、残り続けてしまうことになります。

そこで、皮膚の代謝を助けるため、毎日の洗顔やビタミンC誘導体化粧水を使ったりして、体の内部から新たな皮膚をつくり、メラニンを排出することが必要になります。

タイトルとURLをコピーしました