男性ニキビを治すには、洗顔方法が重要

なおす方法

男性ニキビを治すためには、正しい洗顔方法を取り入れることが大切です。

原因となる雑菌の繁殖を防ぎ、毛穴のつまりを予防するためにも、しっかりと洗顔を行なうことが
予防につながります。

男性ニキビを治すためには、原因となる毛穴角栓や皮脂を取り除くことが大切です。

正しい洗顔方法を知っておけば、男ニキビ肌荒れの原因となる毛穴の角栓や、奥に詰まった皮脂をしっかり取り除くことができます。

角栓は毛穴詰まりが原因

皮脂の過剰分泌によって古くなった角質と皮脂が混じりあって毛穴に詰まりやすくなり、気になる
角栓になってしまうんです。

乾燥肌の人だけでなく、インナードライ肌の人も乾燥からお肌を守ろうとして毛穴から皮脂が出てくるので毛穴がつまり、角栓ができやすくなってしまいます。

洗顔フォーム、クレンジングを選ぶ

洗顔料の種類にはどんなものがある?
洗顔料の種類にはどんなものがある?

男性はホルモンの働きにより、皮脂の分泌が多いため、角質などの老廃物がたまりやすく炎症などのトラブルを起こしやすい、という傾向があります。

改善するためのポイントは、角質や皮脂を取り除く効果が高い洗顔料を選ぶことです。

肌のトラブルを最小限にとどめるためにも老廃物をしっかり洗い流せる洗顔料の選び方を知っておきましょう。

効果的にニキビを減らしていくための洗顔料の選び方で、まず気を付けたいのが、肌の状態に合わせることです。

角栓の詰まりをとる洗顔料の選び方について、肌タイプ別で選び方のコツをまとめてみました。

オイリー肌の人

もともとの皮脂分泌量が多いので、ジェルやオイルタイプの洗浄力が強いものを使うことができます。

しっかり汚れを落としながらスクラブ効果のあるものやじんわり温かくなるもので、毛穴の汚れも落としてくれるものを選ぶと〇です!

乾燥肌の人、普通肌の人

乾燥が大敵なので保湿力が高いクリームタイプかオイルタイプでもお肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。

オイリー肌油分が多いオイリーな肌であればクレンジング力の強い洗顔フォーム
ジェル、オイルタイプ
乾燥肌保湿成分を含んだ洗顔料
クリームタイプ
ニキビ肌スクラブ入りの洗顔フォームもありますが、
肌の状態によってはニキビに刺激を与えてしまうため
症状を悪化させてしまう可能性もあります。
皮膚が荒れている場合は
スクラブ入りの洗顔フォームは避けた方が無難です。
オイル、クリームタイプ

アクネ菌を殺菌する洗顔料を使いたい?

ニキビの原因のアクネ菌を殺菌するために、抗菌力の高い洗顔料を選ぶことも効果的です。

殺菌力の強い洗顔フォームを使用することで、雑菌の繁殖を抑え、皮膚を清潔に保つことができます。

抗菌作用のある洗顔料の効果的な選び方のコツは、素直にドラッグストアで薬剤師に尋ねることです。あまり、雑誌広告やCMに惑わされないようにしましょう。

薬剤師は薬の成分を把握しているので、抗菌効果の高い洗顔フォームを紹介してくれます。

その時に、アクネ菌の事について尋ねてください。

インターネットの口コミも参考にすることで、自分に合った洗顔フォームを選ぶことができるでしょう。

角栓定番のファンケルオイルクレンジング

オイルタイプのファンケル
オイルタイプのファンケル

クレンジング市場№1、アットコスメで殿堂入りのファンケルは、こすらず、毛穴の角栓を落とす無添加オイルクレンジングです。

女性のメイク・ざらつき・毛穴づまりを3段で落とし毛穴の汚れをすっきりキレイにしてくれます。

肌をいたわりながら、角栓汚れをキレイに落とすならファンケルのオイルクレンジングが有名です。

男ニキビを治すための効果的な洗顔方法

さて、ここから正しい洗顔方法と注意するポイントを紹介します。

予備洗顔

手を洗い、清潔な状態にしてから、皮膚に水を馴染ませる予備洗顔を行ないましょう。

水かぬるま湯で顔全体を濡らすように洗います。

手にたっぷり洗顔フォームやクレンジングを出します。

洗い方

十分泡立ったら、Tゾーンからのせて優しくなじませ、顔全体に広げたら少量の水をなじませながら乳化させていきます。

おでこ、鼻、頬と、まんべんなく泡を肌に乗せるようにして、顔全体に付けていきます。 顔全体に泡がなじむように優しく洗顔するのがコツです。

ゴシゴシと洗ってしまうと、皮膚を傷つけてしまい肌荒れ原因になります。

かえって、ニキビ症状が悪化することになります。

泡立っていない状態で顔を洗うと、皮脂などの汚れをしっかり落とすことはできません。

男性ニキビを治すためには、毛穴に詰まった汚れを取り除くことが必要ですから、この過程は外さないようにしてください。

洗顔後

顔全体に泡が行き渡ったら次は洗い流します。

水かお湯を十分に使って綺麗に流してください。

ここでも強くこすってはいけなくて、やさしくも確実に泡をおとします。

洗い流しも大切な洗顔方法の1つで、洗い残しが無いようにしっかりと洗い流します。

拭き方

拭き取りはタオルでゴシゴシ拭くのではなく、軽くポンポンとなでるように拭きとります。

特にニキビが多い状態や患部が痒い場合は、拭き取り時にこすらないように注意を。

水分をしっかりと取り除くようにしてください。

まとめ、乳化させることができれば…

ポイントは油分が多く角栓の詰まりができやすいTゾーンから先になじませていくことと、オイルだけでなくどのタイプの洗顔料やクレンジングでも乳化させることが大切です。

毛穴の角栓を落とすコツは少量の水でゆっくり乳化させていくことです。

注意点としては強くこすると乾燥の原因になり、角栓ができやすくなってしまうのでやさしく丁寧にあまり時間をかけずに行います。

毛穴の角栓のつまりをケアするコツは、自分の肌に合った洗顔料選びよりも、効果的に角栓を落とす使い方をするといいんですね。

乳化させながら角栓を落とせばしっかりニキビ、毛穴ケアできると思います!

角栓のつまりで悩んでいる人で気になったら試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました